ティダメンバーが綴る〜
航海日誌


2011年 138島目〜145島目

[百四十五島目]
十二月二十五日 日曜日
天候 晴れ
場所 渋谷RUIDO K2RUIDO K2
 〜奄美群島本土復帰58周年記念イベント〜
祭名 『Merry 島人'mas

◇出演者
・我那覇美奈
・ネリヤ☆カナヤ
・VOX-IV
・築秋雄
・スタローズ
・ティダ

前回の年内最後のワンマンライブを経て、
今回はいよいよ、2011年、最後のライブ。
何度か共演させて頂いている奄美のアーティストさん達や、
初めてお会いする方々と共に、
最高の一日を過ごし、
最高の一年の締めくくりをする事ができました。
関わって下さった全ての方々へ感謝です。
イベントの最後には、出演者全員でのセッションも行われました。
色んな事のあった2011年も、終わりを迎えます。
そして新しい、希望に満ち溢れた2012年へ、向かいます。
この一年も本当にありがとうございました!
ティダとドゥシの和、みんなで、
2012年を最高に楽しい一年にしましょうね!
来年もよろしくお願いします!


[百四十四島目]
十二月四日 日曜日
天候 晴れ
場所 電気クラゲ(横浜 ハマ横丁3F)
祭名 『2011、年末大感謝祭』

2011年、年内最後のワンマンライブ。
二度目となるこの会場でのライブも、
今回も満員、大盛況となりました。
師走の忙しい時期に、かけつけて下さった皆様、
本当にありがとうございました!
ティダ結成初期の頃の曲や、
キャプテン雄志のいないユニット、セレブレーションボーイズ、など、
内容盛り沢山で、?最高に楽しい夜になりました。
今年はアルバム制作期間などもあり、最もライブの少ない一年でしたが、
毎回の内容がとても濃く、一本一本が凄く貴重でした。
忘れてはいけない、と言うよりも、
忘れられない、3/11の東日本大震災。
今もまだこうやって、この5人でバンドを続けられている奇跡。
ティダが存在している意味を、もう一度深く考える事のできた一年でした。
これからも、ティダにできる事、ティダだからできる事、
しっかりと考え、活動していきます。


[百四十三島目]
九月十八日 日曜日
天候 晴れ
場所 沖縄そば ゆんたく(川崎市川崎区)
祭名 『ドゥシの和限定ライブ』

初の試みとなる、ファンクラブ限定ライブ。
メンバーそれぞれのバンド人生の中でも初めての経験でした。
いつもと少しでも違うライブを、との思いで、
本番前日まで、メンバー全員で意見を出し合いながら、
当日を迎えました。
そして当日、会場でメンバーを待っていてくれたのは、
気さくで笑顔の素敵なマスターと、温かい激ウマそば。
身も心もホットになり、
温かいドゥシの和の皆さんの笑顔に包まれながら、開演。
静かな曲も、踊れる曲も、
普段とは違う印象を受ける場面もありました。
終盤は、スペースを最大限に生かしての盛り上がり。
つーか、レッドゾーン振り切ってたね(笑)
イベントならではの抽選会も、
今回はドゥシの和限定、という事で、
メンバーそれぞれからの出し物もありで、
大盛り上がりとなりました。
ファンクラブ。
今更ながら、凄いものを作ってしまったなと思います。
というよりも、その凄さをいつも思い続けてないと、と思います。
これからも、より一層、楽しいライブ、空間をお届けしていきます。
年末へ向け、ティダ号は次の島を目指す。


[百四十二島目]
七月三十一日 日曜日
天候 曇り
場所 電気クラゲ(横浜 ハマ横丁3F)
祭名 『NEWアルバム完成記念ライブ』

〜一部〜

一、星に願いを  
二、おはよう 
三、天の川 
四、ケンムンノウタ    
五、ひまわり
六、VOYAGE
七、風転侍
八、大海原へ
九、島影  
十、 ワイド'n'Roll 
十一、スットゴレ!!

〜二部〜

一、Song for my son
二、よーりよーり
三、くじら岩
四、星砂
五、島みやげ
六、エメラルド☆ビーチ  
七、ハイビスカス
八、ちょいと踊ってみません歌
九、凪
十、ありがとう
十一、涙 –ナダ-
 〜アンコール〜
十二、救いの唄

ティダ史上初となる、フルアルバム。
今までのシングル制作よりもタイトなスケジュールで、
GUMBOスタジオの川瀬さんをはじめ、
鼓巴流楽団、ティダファミリー、
たくさんの方々の協力を得て、
最高のアルバムが完成しました。
タイトルは、「太陽(てぃだ)」
名前の通り、熱く、温かく、そして優しいアルバムになりました。
短い期間でしたが、忙しい時間を楽しみながらみんなで乗り越え、
たくさんのワクワクとドキドキを胸に、迎えた当日。
店内は超満員(お店史上最多の動員だった模様)、
ティダの関東でのワンマンライブでも、最多の動員数で、
たくさんのお客様と一緒に、楽しい時間を過ごす事ができました。
そして、ライブスタート前に、
ドゥシの和の皆様から頂いた、ティダ国旗。
ライブ前から感謝と感動でウルウルしてました。
また一つ、ティダの宝物が増えました。
本当に本当にありがとうございました!
ライブも、結成当初の頃の曲を交えながら、
新曲「ありがとう」、そしてラストの涙-ナダ-へ向けて、
理想以上の弧を描き、盛り上がりはピークに達しました。
天気の悪い中、足を運んでくださった皆様、
本当にありがとうございました!
最高の夏の思い出を胸に、
新しい音源を武器に、ティダ号は次の島を目指す。


[百四十一島目]
七月二十四日 日曜日
天候 曇りのち晴れ
場所 原谷公園(藤沢市)
祭名 『2011納涼祭』

一、ハイビスカス
二、おはよう 
三、ありがとう
四、ちょいと踊ってみません歌  
五、涙 -ナダ-
 〜アンコール〜
六、ワイド'n'RoLL
 
去年に引き続き、今年も寄港させて頂きました。
湘南台、原谷公園。
震災などの影響で、
各地でこういうお祭りの自粛、中止などが相次いでいる中、
このお祭りは、むしろ昨年よりも、
パワーアップしている感じを受けました。
地域の方々、一人一人の、
こんな今だからこそ盛り上げなければ、
というような、パワーを感じました。
湘南台では、この原谷公園以外にも、
たくさんの場所でライブさせてもらってますが、
今年は、その中でも一番の盛り上がりを見せ、
アンコールまでいただきました。
来年もまた呼んでもらえるよう、
ティダにできる事、ティダだからやれる事、
しっかりと探しながら航海していきます。
今年もありがとうございました!
ティダ号は更に加速して、次の島、
レコ発イベントの待つ、電気クラゲ島を目指す。


[百四十島目]
六月五日 日曜日
天候 曇り
場所 藤沢club top’s
祭名 『夢で会いましょう vol.3

一、ハイビスカス
二、おはよう
三、天の川
四、ケンムンノウタ
五、ちょいと踊ってみません歌
六、涙 -ナダ-

 

航海中の奄美豪雨災害や、東日本大震災などで
だいぶ久々になってしまいましたが、
航海日誌、再開です。

2011年、六月にして三島目。

藤沢にて、ライブを行ってきました。

いつもお世話になっている、
我等が兄貴、はっとさんのお誘いで、
今年の頭より半年ぶりに、再び寄港。
先月、5/18にドラム強の誕生日を迎え、
晴れて、ティダメンバー全員が30代となりました。
その影響もあり、
今回のライブは、攻め攻めのセットリスト。
裏テーマは、年齢に負けるな!()
頭から攻め続け、
終始盛り上がり、最高のライブになりました。
新しい素敵な出会いもありで、
毎回そうですが、この日も、
感謝感謝の一日でした。
日本だけでなく、世界各地でいろんな事が起きている中、
この5人で音を出せている事、
たくさんの仲間や、支えて下さっている人達と、笑い合えている事、
一瞬一瞬の奇跡に感謝しながら、
ティダ号は、次の島を目指す。


[百三十九島目]
五月三日 火曜日
天候 曇りのち雨
場所 よみうりランド 太陽の広場
〜一部〜
一、星に願いを
二、おはよう
三、凪
四、いつまでも いつまでも
五、涙 -ナダ-

〜二部〜

一、ハイビスカス
二、ワイド'n'roLL
三、いつまでも いつまでも
四、ちょいと踊ってみません歌
五、涙 -ナダ-


[百三十八島目]
一月十六日 日曜日
場所 藤沢club top’s
祭名 『奄美豪雨災害チャリティーライブ
【共演】
奄美のゆきへい
鼓巴流楽団

戻る